機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

アナログ/CAN変換器

従来のアナログ計測環境を

デジタル(CANバス)化するツール


imc試験計測 imc-productive testing
アナログ/CAN変換器に関するお問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
  • アナログ/CAN変換器 - imc CANSAS
    1

    imc CANSAS
    imc Meβsysteme GmbH

    imc CANSASは、imc社が持つ欧州自動車産業との試験計測における経験から開発されたCANバスへアナログ信号計測データをデジタル転送する計測モジュールです。
    また、CANバスから受信したデジタルデータをアナログ信号に変換するモジュールもラインアップしています。
    これらの計測モジュールは、先進技術をサポートする電子制御で利用するCANバスのデジタル通信の領域と、アナログ信号でプロセスが組まれている従来システム環境とを結び付ける役割などに利用できます。

  • アナログ/CAN変換器 - imc μ-CANSAS
    1

    imc μ-CANSAS
    imc Meβsysteme GmbH

    imc μ-CANSASは、小型で耐環境性に優れたモデルです。-40~125℃の動作温度とIP65防水、そしてMIL-STD-810に対応した耐振・衝撃性は、過酷な環境での利用を可能にします。
    例えば自動車のエンジンルームなどに設置し、車室内へ引き込む配線量を大幅に軽減することができます。

  • imc CANSASflex
    1

    imc CANSASflex
    imc Meβsysteme GmbH

    imc CANSASflexは、imc CANSASのハウジングを変更し、ケーブルや専用工具を使わずに、モジュール間の接続を可能にしたモデルです。ワンタッチでスタックしたモジュール間はCANバスケーブル配線、電源ケーブル配線を必要としません。また、終端抵抗も内蔵しているため、複数のモジュールをスタックして使う際の配線類を大幅に軽減することができます。

  • imc CANSASfit
    1

    imc CANSASfit
    imc Meβsysteme GmbH

    imc CANSASfitは、小型・軽量で、耐環境製に優れたモデルです。-40~125℃の動作温度、IP65防水、そしてMIL-STD-810に対応した耐振・耐衝撃性はあらゆるシーンでの利用を可能にします。エンジンルームや内装パネル内など、限られたスペースに設置して分散型計測システムを構築したり、モジュールをスタックして集中型計測システムとしてご利用いただくことも可能です。モジュールをスタックする際は、ワイヤリングや専用工具を必要としません。

PAGE TOP