機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

小型引張試験機 SEMtester 

MTI Instruments Inc.
小型引張試験機 SEMtester 小型引張試験機
0
  • 小型引張試験機

    1

新商品

● 手のひらに乗るサイズ
● 小さなサンプルの引張、圧縮、せん断、曲げ、疲労の評価
● 金属を破断するのに十分な最大荷重9000N
● ヒーターのオプションあり
● 机上試験、電子顕微鏡内観察のどちらにも使用可能
● SPM、SEM、XRDなどの電子顕微鏡内の設置対応(真空対応)
● ASTM規格に準拠

製品一覧を見る

特長

机上、もしくは電子顕微鏡内で使用できる小型の引張試験機です。
金属を破断するのに十分な荷重がかけられます。

小型の引張試験機の動き

小型の引張試験機イメージ
 
適用サンプル実例
金属、複合材
プラスチック、セラミック、高分子材料、繊維、ガラス、バイオマテリアル
コンクリート、木材、タイヤなどのゴム、
紙、織物、布、毛、ヒトの髪の毛、食品など
 
電子顕微鏡内への設置
電子顕微鏡内で使用できるように、すべてのモデルは真空中で使用できるように設計されています。
各社のSPM、SEM、XRDなどの電子顕微鏡内の設置に対応します。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

電子顕微鏡内イメージ
 
EBSD測定専用モデル
SEMtester 1000 EBSD および SEMtester 2000 EBSD はEBSD測定用の専用モデルです。電子ビームが適切な角度でサンプルにあてられるように、サンプルが傾けられる構造になっています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。
 
他社製品と比較した場合の基本設計の優位性
・サンプルの両脇の2本のスクリューで引っ張るため、サンプルがねじれません。
・サンプルの両側が移動して引っ張るため、正しく測定できます。
 かつ、サンプルの中心が移動しないため、観察の位置がずれません。
・ASTM規格に準拠の校正されたシステム
 
Fullamブランド
Ernest F. Fullam社は半世紀以上にわたり、世界中の研究機関・大学・企業に多くのシステムを提供し続けていました。MTI Instruments社は2010年にErnest F. Fullam社の引張試験機の事業を引き継ぎ、現在に至っています。
 

仕様

引張ステージ仕様
モデル SEMtester
100
SEMtester
1000
SEMtester
1000 EBSD
SEMtester
2000
SEMtester
2000 EBSD
最大荷重 450N 4500N 4500N 9000N 9000N
外寸
L×W×H
169×114×38 mm 173×120×48 mm 140×132×49 mm 204×135×63.5 mm 207×135×63.5 mm
重量 1 kg 1.5 kg 1.5 kg 2.2 kg 2.2 kg
最大サンプルサイズ 1×71.5×10 mm 2.5×73×10 mm 2.5×53×10 mm 3×88×10 mm 2.5×64×10 mm
最小サンプルサイズ 44.5×10 mm 44.5×10 mm 43×10 mm 54×10 mm 40×10 mm
最大移動距離 27 mm 28.5 mm 10 mm 34 mm 24 mm
※特注仕様もご相談に応じます。
※SEMtester 1000 EBSD および SEMtester 2000 EBSD はEBSD測定用の専用モデルです。
 電子ビームが適切な角度でサンプルにあてられるように、サンプルが傾けられる構造になっています。
 詳しくはこちらよりお問い合わせください。

 
共通仕様
ロードセル(荷重センサ)確度 : ±0.2% フルスケール
リニアスケール確度      : ±20nm
電源             : AC100~240V、50~60Hz
必要なPC          : Windows© XP、Vista、7
                 メモリ2GB以上
                 USBポート×1
 
オプション仕様
ヒーター : 室温~1200℃(±5℃コントロール)
 
ソフトウェア
ソフトウェア

・柔軟なサーボコントロール
 例)0.1mm/minの速さで0.1mm引っ張った後に、荷重が100Nに達するまで圧縮する、など
・1000Nに達したらストップなど、荷重、移動距離、時間でリミット
・リアルタイムで数値(荷重、移動距離)やグラフ(荷重軸、移動距離軸、時間軸)を表示
・データ保存レート:最大1kHz(調整可)
・レポート出力

detail__vid--text.png

はい (1)
いいえ (0)

PAGE TOP