機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

Topics

挟まれ反転荷重(ピンチフォース)計測システム ~ 自動車/鉄道/エレベータ/自動ドア・ゲート向け ~

カテゴリ:製品リリース 投稿日時 2017/02/17(金)09:43:03

自動車や鉄道などの輸送機器に採用されるドアや窓は自動化が進み、挟み込み事故に対する安全対策が必須になっています。自動車のサンルーフや窓については、米国規格のFMVSS 118、欧州規格の2000/4 EGへの対応が求められています。同様に、鉄道車輌やエレベータのドア、各種自動ドア・ゲートについても、それぞれの規格に沿った試験を実施し規格を満たす必要があります。

挟まれ反転荷重(ピンチフォース)計測システム「FMシリーズ」「BIAシリーズ」は、自動車の窓/サンルーフ/テールゲート/スライドドア、鉄道車輌やエレベータのドア、ゲートなどが閉まるときに、障害物を検知して反転する際の荷重を計測します。取り扱いが簡単で短時間で装置の設置ができ、単一ボタンのワンプッシュ操作で測定できます。さらに、グラフの作成、レポート出力、データのエクスポートなどデータの収集・解析も簡単・迅速におこなえます。また、各種規格や計測対象に合わせた最新かつ多種のセンサと測定治具を取り揃えており、例えば「BIA 600」は、鉄道車輌ドア向けの最新規格DIN EN 14752:2015に対応しています。


 
自動車用計測システム「FM 200」+サンルーフ用治具 鉄道車輛ドア用計測システム「BIA 600」
<自動車用計測システム「FM 200」+サンルーフ用治具> <鉄道車輛ドア用計測システム「BIA 600」>


【特長】
maru_top2.gif 欧米の安全規格に対応
  (自動車:FMVSS 118、2000/4 EG 鉄道:DIN EN 14752:2015、他)
maru_top2.gif 単一ボタンによる簡単測定
maru_top2.gif 計測対象ごとに多種の治具を準備




【メーカー】
DriveTest
DriveTest



製品一覧はこちら↓
http://www.toyo.co.jp/drive_test/products_list





 
evernote share Google plus Face Book Google plus Liked In

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP