機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

音の可視化

業界から探す一覧
ポータルサイトへ

 

  • サウンドパワー&サウンドインテンシティ計測システム
    1

    サウンドパワー&サウンドインテンシティ計測システム
    Microflown Technologies

    従来の対向式マイクロホンのインテンシティプローブを用いる方式同様に、計測空間に仮想のメッシュを切ります。そのメッシュの計測ポイントにPUプローブ を設置し音圧と音響粒子速度を計測します。全ての計測点の計測を行い、画像に重ね合わせて、音圧、音響粒子速度、音響インテンシティのマップを表示しま す。結果は立体的なデータとして表示されます。

  • スキャン&ペイント
    1

    スキャン&ペイント
    Microflown Technologies

    スキャン&ペイントは最速で非常に簡便な、近接音場での音源探査・音響マッピングを提供します。Microflownプローブ(音圧・音響粒子速度プローブ)で音圧と音響粒子速度を計測します。

  • ニアフィールドアコースティックカメラ
    1

    ニアフィールドアコースティックカメラ
    Microflown Technologies

    複数本のPUプローブを用いて自在アレイを構成し、非定常な音響現象のマッピングをリアルタイムで行う測定システムです。音圧と音響粒子速度センサを内蔵 したPUプローブの出力を計測、収録します。ビデオカメラでとらえた画像に収録したデータを重ね書きしてリアルタイムに表示します。計測はプローブの周波 数帯域である20~10kHzの帯域をカバーします。

  • スキャン&リッスン
    1

    スキャン&リッスン
    Microflown Technologies

    従来から音計測に用いられているマイクロホンは、ほとんど指向性がありません。それに対しMicroflownプローブは小型で指向性が高いため、目的の方向から発信する音に起因する音響粒子速度に反応します。被測定物に近接させて「音響粒子速度を聞く」ことにより、ピンポイントで音源を特定することができます。

  • In-situ表面インピーダンス計測システム
    1

    In-situ表面インピーダンス計測システム
    Microflown Technologies

    表面インピーダンス測定システムは、従来の音響管等による吸音率測定のようなサンプルを切り出して計測する手法ではなく、サンプルを取り付けた製品本来の状態のままで吸音率を求める新たな手法を可能にしたシステムです。

  • USP(3軸音響粒子プローブ)
    1

    USP(3軸音響粒子プローブ)
    Microflown Technologies

    USPはマイクロホンと3軸の音響粒子速度センサを内蔵した音響プローブです。約5mm角にセンサがマウントされていて、極小さな領域における3Dインテンシティ計測が可能です。

  • スキャン&ペイントTPA
    1

    スキャン&ペイントTPA
    Microflown Technologies

    スキャン&ペイントに、参照点との位相情報計測機能を加え、音響粒子速度センサを内蔵したモノポール音源を用い、参照点から、測定面への伝達関数(P/U)を算出します。測定対象を動作させ、測定面の音響粒子速度と検証のために参照点の音圧測定を行います。これらの伝達関数と測定された音響粒子速度から、参照点の音圧を求めます。複数のパネルの計測を行った場合、上記を測定回数分足して参照点の音圧の総和、パネル寄与度を算出します。

  • PUプローブ
    1

    PUプローブ
    Microflown Technologies

    PUプローブは1/10”マイクロホンと非常に小さな音響粒子速度センサを内蔵した音響プローブです。ほぼ同じ位置で音圧と音響粒子速度を同時に計測することが可能です。それらから、音響インテンシティを算出することが出来ます。

  • モノポール音源
    1

    モノポール音源
    Microflown Technologies

    無指向性の体積速度音源です。
    音の出力口にリファレンスとなる音響粒子速度センサが組み込まれており、正確な体積速度の測定が可能です。
    低周波帯域(30~300Hz)と中高周波数帯域(300~7kHz)のモデルを用意しています。

PAGE TOP