機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

静粛性・音質評価・サウンドデザイン

業界から探す一覧
ポータルサイトへ

 

  • 騒音振動解析システム(PAK) - フロントエンド MKⅡ
    1

    フロントエンド MKⅡ
    Müller-BBM VibroAkustik Systeme GmbH

    MKⅡはPAKシステムのフロントエンドです。測定する物理量に合わせて入力モジュールを構成することにより、実験環境に適応した計測システムを構築する事が可能です。

  • 騒音振動解析システム(PAK) - 実稼動解析
    1

    実稼動解析
    Müller-BBM VibroAkustik Systeme GmbH

    実稼動アニメーション解析は構造物の振動を視覚的に表現するのに用いられます。構造物に対して多点で振動を計測することにより、振動とその振動方向をアニメーションとして表示します。

  • 騒音振動解析システム(PAK) - 音質評価
    1

    音質評価システム
    Müller-BBM VibroAkustik Systeme GmbH

    製品のマーケットにあった音を調査し、調査結果を製品に反映させることは製品の開発を行ううえでも重要なことになります。音の評価にはヒアリングテストに基づく主観評価と心理音響解析などに代表される客観評価があります。PAKシステムの音質評価システムはダミーヘッドを用いたバイノーラルの録音から心理音響解析を用いたまたヒアリングテストに必要となる機能までトータルにサポートをしています。

PAGE TOP