海洋/特機
IR情報 会社情報

サポート・ 製品トレーニング

自己紹介
product_line.gif
-各種海洋調査機器を扱っています。
東陽テクニカ海洋計測部では、以下のアプリケーションに使用可能な各種海洋調査機器やセンサーを幅広く取扱っています。

・ 測量調査関係:
   
海底地形調査、海底地質調査、港湾測量、港湾工事、ダム湖底調査、海底ケーブル敷設調査、…等。

・ 環境調査関係:

漁礁調査、藻場調査、石油探査、海洋環境調査、資源開発、遺跡調査、地震予知、領土確定、…等。

・ 防衛・海難調査関係:

   機雷探査、海難(沈船)・オイル流出事故、災害調査、防衛(テロ監視)、…等。
 
-アフターサービスもお任せください。

ご納入いたしました機器の修理・保守サービスは、第2技術部第4課海洋グループの技術スタッフが行わせていただきます。

修理時のダウンタイムを最小限に抑えるため、主要製品についてはバックアップシステムも所有しております。
jikoshokai_1.jpg jikoshokai_2.jpg jikoshokai_3.jpg
 
-お客様のニーズにお応えします。
私たちは、機器の販売、修理・点検に留まらず、お客様に対してより良い環境で、最適なシステムをご活用いただくために次のようなサービスをご提供しています。
1. お客様のアプリケーションに最適なシステムのご提案
2. 最適なシステムをお選びいただくためのデモンストレーションや技術セミナーの開催
3. ご納入時のシステムインテグレーションやトレーニング
4. ご納入後の教育セミナーの開催
jikoshokai_4.jpg jikoshokai_5.jpg jikoshokai_6.jpg
-ご納入した機器はこんなところで使われています。
当社の海洋機器製品が活躍した主な事故・自然災害復興調査、大規模プロジェクト、海底遺跡調査は次の通りです。

・三宅島噴火災害調査

戦艦大和の発見

学童疎開船「対馬丸」の発見

羽田空港拡張工事

H2ロケット打上げ失敗事故破片回収

東京湾アクアライン建設

沈没したロシアのタンカー「ナホトカ」の発見

神戸地震災害調査及び復旧

洞爺湖G8サミット警備

阪神淡路大震災災害調査

関西国際空港第1期並びに2期建設工事

中部国際空港(セントレア)建設工事

大島、三宅島噴火予知・調査

マトラ地震震源地調査

奥尻震災災害調査

元寇(蒙古襲来)の遺跡調査(博多湾)

大韓航空機墜落事故フライトレコーダ調査

トルコ軍艦「エルトールル号」遺跡調査(和歌山県串本)

ージス艦「あたご」衝突事故の漁船操舵室探索

与那国島海底遺跡調査

中越沖地震海底断層調査

 

私たちのお客様です。
海上保安庁、 防衛省、 水産庁、 海洋研究開発機構、 地質調査総合センター、 水産総合研究センター、 地方整備局、 国土地理院、 各県水産総合試験場、 東京大学生産技術研究所、 海洋研究所及び地震研究所、 愛媛大学、 東海大学、 東亜建設工業、 五洋建設、 関西国際空港、 国際航業、 三洋テクノマリン、 朝日航洋、 芙蓉海洋開発、 川崎地質、 オーシャンエンジニアリング、 日本ジタン、 復建調査設計、 洞海マリンシステムズ、 ジオ・サーチ、 三井造船、 日立造船、 住友重機械工業、 川崎重工業、 石川島播磨重工業、 三菱重工業、 沖電気工業......。(敬称略、順不同)

PAGE TOP